2015年03月26日

(3)膝の痛み/変形性膝関節症

膝の痛みについて

膝が痛いときの多くは
膝関節が痛いわけではなく、
『大腿の筋肉』に原因があります

解剖学
・大腿四頭筋
(だいたいしとうきん)
代表的な大腿の筋肉です
膝を曲げた状態から伸ばす働きが主
痛み:膝のお皿の直下(スネ)

・縫工筋
(ほうこうきん)
ソ径部から膝の内側に付着していて、
脚を高く上げる働きがあります
痛み:膝の内側

・大腿筋膜張筋
(だいたいきんまくちょうきん)
脚を踏ん張るときに強く働きます
立ちあがる時などがそうです
この筋肉は途中から腸脛靭帯
(ちょうけいじんたい)に移行
していて、膝の外側を補強しています
痛み:膝の外側
この筋肉の機能が低下すると
O脚傾向になってきます


以上の3つの筋肉が主な
膝の痛みを引き起こす筋肉です

膝が痛いときというのはこれらの
筋肉が硬直していますので、
それを手技で緩めるとラクになります

加えて生活習慣の見直しも図ります
例えば家で階段を往復する機会が多い場合、
往復回数を減らせるよう工夫するなど

筋肉の硬直を放置した場合、
休んでいれば大分良くなりますが、
100%は良くならないと思います

何故かというと大腿の筋肉は
日常生活でストレッチされにくく、
緩みにくいからです
⇒いつまでも治らない

加えて筋肉が”凝った状態”を
長期間放置すると、今度は筋肉が
細くなって弱くなります
(血行不良で栄養不足になるため)
⇒トレーニングが必要に


変形性膝関節症
膝の痛みに加えて、膝の軟骨が
擦り減った状態です
レントゲンを撮るとトゲのような
変形が確認されます(骨棘:こつきょく)
トゲは50歳代以降の方であれば
通常確認されてくるようです

【関節(運動)痛の進行順序】
筋肉の問題
(疲れ、凝り、肉離れ)

靭帯の問題
(靭帯損傷)

軟骨の問題
(半月板損傷)
posted by Chiro at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

第7回/二重アゴ改善エクササイズ

第7回/エクササイズ
二重アゴの改善方法について

■まずは食べ過ぎ
(カロリーオーバー)
なくすことです
どんな運動をしても意味がありません

毎日の食事内容(おおまかな
摂取カロリー)をノートに
書く方法がオススメです

【1日の摂取カロリーの目安】
男性:約2500カロリー
女性:約1800カロリー

※力仕事やスポーツを
していると2割増しぐらい
水泳選手だと10000カロリー
とか摂取します(1日)

■二重アゴの原因
『標準体重以内なのに
アゴのたるみが気になる』
こういった場合は
2つの筋肉を調整します

1つ目
胸鎖乳突筋
(きょうさにゅうとつきん)
P20121215.JPG
鎖骨の辺りから後頭部
にかけての筋肉です
上の画像で首すじの隆起
している箇所がそうです

ここの筋肉が固くなって
血行が悪くなると、
静脈やリンパが滞ります
(二重アゴ)

※リンパ
リンパ管を流れる組織液のこと
リンパ節でろ過されている
(血液中の液体成分は
毛細血管から染み出ている
=組織液 1割がリンパに)

胸鎖乳突筋の固まる生活習慣
・スマホいじり(下を向く)
・長電話(首を傾ける)
・電車で居眠り
・運転(首を回す)
・クッションに首をもたれる


2つ目
舌骨上筋群
(ぜっこつじょうきんぐん)
舌はのど仏の辺りにある骨(舌骨)
に筋肉で固定されています
この筋肉があまり動いていないと
アゴの辺りがたるんできます
03242015.png

舌骨上筋群には大まかに
『舌を出す』働きがあります
2015324.png
筋肉が働いているときは
アゴのたるみが減っています

エクササイズ
舌を伸ばして、頭の中で
10数えます
アゴ下が張ると思います

これを毎朝か毎晩行います
アゴ下に張りがあるときは
休んでください

※急に舌を出したり、
伸ばしすぎると筋肉が
つってしまう場合があります
(水を飲む=舌を引っ込める
のと様子見で元に戻ります)
posted by Chiro at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

(2)首の痛み/寝違え

■首の痛みについて

首のまわりには沢山の筋肉
があって、層を成しています
主な機能は肩甲骨を動かすこと
により『両腕を動かす』ことです

腕の使いすぎ=首肩が凝る

・表層筋の硬直⇒首肩こり
・深層筋の硬直⇒寝違え

『寝違え』というと寝起きに
首が痛くて動かなくなる症状
ですが、運動中や仕事中でも
同じ状態になります
(筋違え=肉離れ)


■まずは表層筋から
・僧帽筋(そうぼうきん)
『肩すくめ』の姿勢で
強く緊張します
両腕で荷を上げている時,
パソコン操作,台所仕事,
買い物袋を持っている時など


頭痛を引き起こすことも
あります(頭部の知覚神経を
挟みこんでいるため)


・肩甲挙筋
(けんこうきょきん)
僧帽筋の下層にあります
これも『肩すくめ』の
筋肉なのですが、『首を回す』
働きもあります⇒寝違え筋

傷めると首が回りません

首と肩を不快にさせる
代表的な筋肉です
低い枕を使うと固まります
(首を反らす機能もあるため)


■深層筋
・頭,頚板状筋
(ばんじょうきん)
『上を見る』ときに緊張
する筋肉ですが、ずっと
下を向いているときにも
負担を受けます(例.スマホいじり)

首の動脈の真上にあるので、
『めまい,ふらつき,貧血』
に関わる筋肉ともいわれています


・後頭下筋群
(こうとうかきんぐん)
頭蓋と首の骨を結ぶ
小さな筋肉群です

ストレッチや牽引でしか
緩めることが出来ません
(直には触れない)


■首肩こりチェック法
鏡の前に立ちます

肩の高さに左右差はないか
首は傾いていないか

頭を真横に倒します
(左右交互に)
痛みや可動域を確認します

倒した側が痛ければ、
その側の筋肉が傷んでいます

伸びている側の痛みは凝り
があることを示します

横曲げの可動域は通常45°
(耳たぶが肩に近いぐらい)
曲がらない=固まっている
posted by Chiro at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。