2015年04月16日

膝のトリガーポイント:縫工筋

■縫工筋トリガーポイント

膝の痛みの原因となるトリガーポイント
に縫工筋(ほうこうきん)があります

縫工筋は骨盤前面の突起部分から
スネの骨(脛骨:けいこつ)に付着
している長い筋肉です
P1010024.JPG

縫工筋の作用(働き)は主に
『脚を高く挙げる』ことですが、
『膝を内にねじる』作用もあります

そのため、階段の昇り降りや
ゴルフ・スキー・空手の蹴りなど、
膝をねじる動きのあるスポーツで
負担を受けることがあります


■トリガーポイントの位置
20150409.JPG
縫工筋がスネの骨に付着する
部分にやや上に凝りが出来ます

痛みは膝下の内側辺りに出現します
(解剖学で”鵞足:がそく”という箇所)
殆どスネの痛みに感じるかもしれません
しかし凝りは太ももに見つかります

2015413.JPG
また、縫工筋に緊張があると爪先の向き
が内(または外)になることがあります

爪先は通常15°ほど外向きです


■腰との関連
腰の不調から膝の痛みも出てくる
場合があります

身体を起こす時、例えばイスから
立ち上がる時というのは膝をピンと
伸ばす動きだけではなく、股関節と
腰も同様に伸びています

身体全体を一つのスプリングとして
考えるとイメージし易いかもしれません

腰が悪いと伸ばせなくなる
(反れない)ので、その分
膝に大きな負担が掛かってきます

また、腰が不調だと骨盤が後傾して
きますので、骨盤に付着する縫工筋に
慢性的なストレスも掛かります

このような場合、膝だけ施術しても
腰が悪ければすぐに再発してしまう
ので、両方とも調整を図ります
posted by Chiro at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

首〜肩のトリガーポイント:僧帽筋

首〜肩の代表的なトリガーポイント
化する筋肉に僧帽筋があります

20150414.JPG

画像でつまんでいる部分が
僧帽筋(上部線維)です
ここには僧帽筋トリガーポイント
の1番と2番があります

僧帽筋のトリガーポイントは
広範囲に及び、肩甲骨の間に4〜5番、
肩甲骨の下角(ちょうど背中の
真ん中辺り)に3番があります
※番号が早いほど発生しやすい
と考えられています

僧帽筋は付着範囲が広いので、
数箇所にトリガーポイントが
ある場合、1箇所だけ除去しても
すぐに再発してしまう場合があります

僧帽筋トリガーポイントの
箇所と主な症状は以下の通りです

【1~2番】
・首〜肩こり
・腕を挙げた時の不快感
・頭痛
(知覚神経が締め付けられるため)

【3番】
・背中の不快感
・呼吸時の背部痛

【4番】
・肩甲骨の間の凝り

【5番】
・首の付け根の不快感
・首を曲げた時の痛み
posted by Chiro at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

トリガーポイントについて

トリガーポイントというのは
筋の硬結のこと(凝り)です

代表的なものでいえば
「肩こり」があります

筋肉というのは伸び縮み
して関節を動かしています

そのため筋肉が縮みっぱなし
になると痛み(関節痛)の
原因になります

なぜ筋肉が縮みっぱなしに
なるのかというと、
使いすぎなどで筋小胞体という
部分の代謝が困難になるからです

【メカニズム】
ストレスを受ける
・重い物を運ぶ
・同じ姿勢を長時間とる

疲れる(少し凝る)
⇒休めば回復する

さらにストレスが加わる

凝りが大きくなる
関節痛や運動痛の出現
(潜在性トリガーポイント)
・肩こり
・軽い腰痛
・肘や膝の運動痛
・足首痛
⇒休めばある程度回復する

※ここまでの流れを何度も
繰り返していると凝りが
毛細血管を圧迫するように
なり、栄養不足に陥る
⇒筋肉が弱ってしまう
(トレーニングが必要)

弱った筋肉にストレスを受ける

すぐ限界にきてしまう
(活動性トリガーポイント)
・首の硬直と上肢痛
・酷い肩こりと頭痛
・ギックリ腰と下肢痛
など以前より重症化

トリガーポイントは薬剤や注射
ではなく手技で除去できます
P084202008228.jpg
posted by Chiro at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。