体の歪み、エクササイズ、運動、整体、カイロトリガーポイント: 体の歪み方(エクササイズ)

2015年06月27日

腰方形筋のトリガーポイント

<腰方形筋のトリガーポイント>

腰痛や背部痛の原因の一つに
腰方形筋(ようほうけいきん)
という筋肉の凝りがあります

腸腰筋(腸骨筋と大腰筋)は
結構有名ですが、腰方形筋は
マイナーだと思います

腸腰筋と同じく腹部にあるのですが、
腰方形筋はさらにその奥にあります
(ちなみに腸腰筋は”骨盤筋”で
腰方形筋は”後腹筋”の分類です)


■腰方形筋(ようほうけいきん)
【付着部:起始】
前部:第2〜5腰椎の肋骨突起
後部:腸骨稜、腸腰靭帯

【付着部:停止】
前部:第12肋骨の下縁
後部:第1〜4腰椎の肋骨突起

【筋の機能】
両側:第12肋骨を引き下げる
一側:腰椎をその側に曲げる



作用を考えると”脚長差”がある場合は
影響を受けてきます
P0798.jpeg
短い側の腰方形筋は緊張しやすい筈


付着部が”腰椎”ですので、
腹部の筋に分類されていますが
背中側から触ることができます

ちょうど第12肋骨の下辺りに
頑固な凝り(トリガーポイント)の
生じることがあり、脚長差の影響で
股関節にも違和感が出てきます

腰方形筋がトリガーポイント化すると、
漠然とした腰の違和感や動作時の
不快感があります
(何だか腰痛になって寝込んで
しまいそうな感じ)
咳やくしゃみをすることも
怖くなります

片足に体重が乗るような生活習慣
がある場合は要注意です
・重たいカバン
・立ち仕事
・育児
・スポーツ



posted by Chiro at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

顎のトリガーポイント(顎関節症)

■顎のトリガーポイント
(顎関節症)

顎を動かしているのも筋肉です

筋肉があるということは、
使い過ぎなどで酷い凝り
(トリガーポイント化)
するということになります

【顎のユガミCHECK】
・鏡を見ると下顎が左右
どちらかにズレている

・食事中に口の中を噛んで
しまうことがよくある

・口を開けた瞬間に顎から
”ゴリッ”と音のすることがある

・口が大きく開かない

・硬い食べ物を噛めない

・ストレスを感じると
歯を食いしばっている

・病院では原因の見つからない
耳鳴り(耳閉感)がある
⇒中耳の耳管という部分の
開閉を行う小さな筋肉が
咀嚼筋(※)の付近にあります


(※)
顎を動かす筋肉を咀嚼筋といい、
全部で4つあります
a 咬筋
b 側頭筋
c 内側翼突筋
d 外側翼突筋


これらの筋肉が緊張して
凝り固まると、容易に下顎の
位置に左右差が出現します
(横のズレ、上下のズレ)

咬筋と側頭筋に関しては体表
から緩めることが可能です

咀嚼筋が緩むと顎の動きが
スムーズになり、関節音も
出にくくなります

posted by Chiro at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

下腿のトリガーポイント(2)

下腿のトリガーポイント(2)

※下腿(かたい)
⇒膝から下の脚部分のこと

前回は”スネ”でしたが、今回は
”ふくらはぎ”と”下腿外側
(かたいがいそく)”についてです


■下腿外側
⇒腓骨筋(ひこつきん)という
筋肉に覆われています

DSC_20150602.JPG

指している箇所は酷い凝り
(⇒トリガーポイント)が
生じる部分です

この筋肉はつま先で床を踏む時に
働くのに加え、”足首が内に入らない”
ようにする機能があります

DSC_2015602.JPG

足首というのは関節の構造上、
内側には大きく曲がりますが、
外側にはほとんど曲がりません

ふいに足を捻ってしまう時は
内側に強く曲がってしまうこと
がほとんどだと思います

そうすると瞬間的に腓骨筋に
大きなストレスが掛かるため
トリガーポイント化してしまいます
(もっと悪ければ靭帯損傷:捻挫)



■ふくらはぎのトリガーポイント

ふくらはぎの筋肉のことを
下腿三頭筋(かたいさんとうきん)
といい、『つま先立ち』をして
全体重を支える機能があります

そのため
ここの筋肉が凝り固まると
歩行さえ苦痛になります

<ふくらはぎの強張る原因>
・ハイヒール
・階段の昇り降り
・立ち仕事
・ブレーキ/アクセル操作
・最近体重が増えた

下腿三頭筋はアキレス腱
に移行するので、この部分にも
影響が出てきます(踵痛)

また、下腿三頭筋の深層には
指屈筋が存在しています

指屈筋は足裏にまで付着
するので、『足裏の痛み』
にも関係があります

20150509.JPG
足の筋肉だけ緩めても
不十分です


また、『こむら返り』の原因
の一つにもなるといわれています
他:降圧剤や静脈瘤
posted by Chiro at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

下腿のトリガーポイント(1)

【下腿のトリガーポイントについて】

下腿(かたい)というのは膝から下、
つまり”ふくらはぎ”と”スネ”です

長時間立ちっぱなしだったり、
趣味での登山やハイヒールなど
で下腿の筋肉には疲労が蓄積し、
凝り固まって痛みを生じます
(⇒トリガーポイント)

ふくらはぎを揉んでセルフケア
することは誰しもあるかと思います
が、スネの方に関してはあまり
無いと思います

スネ
下腿前面のトリガーポイント


1.前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

⇒つま先を持ち上げる働きをする、
スネにある代表的な筋肉です
ここがトリガーポイント化すると
つま先が上がりにくいので、
痛みの他に転びやすかったり
してきます


2.長趾伸筋、長母趾伸筋

⇒指先を床から浮かせる働きを
持つ筋肉で、スネの部分に”ツボ”
(筋肉が強く収縮して凝る部分)
があります

ヘルニアになると『足が動かない』
『足がシビレる』という症状が
あるのですが、これらの筋肉が
トリガーポイント化しても似た
症状が出てきます


スネの筋肉が過労状態になる
原因としては…
・走った
・長時間歩いた
・階段を頻繁に上る
・長時間の運転(アクセル/ブレーキ操作)
・つま先の重たい靴(例/安全靴)

などが挙げられます

【出現してくる症状】
・下腿前面のシビレ感
・こむら返り
・足の親指痛
・つまずき易い
・運動時の痛み
など

posted by Chiro at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

腰のトリガーポイント:腰痛

■腰のトリガーポイントについて

腰部の筋肉が凝り固まって
トリガーポイント化すると、
『腰痛』を引き起こしてきます

よく質問を受けるのですが、
背骨の問題⇒腰痛
ではなく
筋肉の問題⇒腰痛と背骨の問題
という形が正しいと思います

例えば『腰椎分離症』という
疲労骨折があったとします
疲労骨折ですから、そこに至るまで
に筋肉には相当な負担が掛かっています

筋肉への負担はトリガーポイント化
という状態を引き起こし、慢性的な
腰痛を招くことになります
※トリガーポイント化
⇒筋肉疲労が長期間蓄積してしまい、
筋肉が縮みっぱなしの状態
血行不良(栄養不足)を招き筋力も低下する


筋肉による『支え』を失った背骨は
受けるストレスが強まるため、
変形性脊椎症や椎間板ヘルニア
といった状態を招きやすくなる
と考えられます
(腰痛+マヒ・シビレ)



<腰部の代表的なトリガーポイント>

■大殿筋(だいでんきん)
骨盤筋ともいわれる筋肉で、
姿勢の維持に重要な働きをします

大殿筋の疲れる生活習慣
・中腰で掃除機を掛ける
・育児
・長時間座りっぱなし
・ジャンプするスポーツ
・水泳
など


■中殿筋(ちゅうでんきん)
骨盤の真横に位置します
そのため、凝り固まると
左右どちらかにはっきりと
症状が現れます
P0798.jpeg
足の長さが左右で違う場合、
バランスを取るために長下肢側の
中殿筋が緊張しやすくなります


■脊柱起立筋
その名前の通り『起立』動作に
働く筋肉です
傷んでしまうと立ち上がることが
困難になります
とくに腰痛の時は『腰が反れない』
ので、寝返りも一苦労になります

脊柱起立筋が疲れる生活習慣
・中腰での作業
・床から物を拾い上げる
・低いイスから立ち上がる
・猫背でパソコン
・うつ伏せで読書
など
posted by Chiro at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。