2015年06月28日

水太り

自身もそうなのですが、
夏になると少し体重が増えてしまう
という方は多いと思います

何故なのか生理学の話を交えて
解説していきたいと思います


身体の約60%ほどは水分です

このうちの2/3は細胞内にあり
不変なのですが、1/3は細胞外
にあり変動します

体重が50キロの女性であれば
30キロは水分で、そのうちの
10キロが変動することになります
(発汗や利尿など)

実は1〜2キロ程度なら身体の
乾燥具合で容易に変動します

大量に汗をかいた後なら、
大柄な男性の場合は数キロ減少
していることも珍しくありません

夏の方が一見体重が減少しそう
ですが、それほど汗を流す
環境にいない場合はどうでしょうか?

夏になると抗利尿ホルモンが働くよう
になり、尿量が減少傾向になります
汗をかかなければ身体は水っぽい状態に
なるので、結果的に少し体重が増えます

また、冬に比べると体温維持に
消費カロリーが回らないので、
夏に涼しい所にばかりいると
太りやすいかと思います

ちなみに汗を1リットル流すと
約500カロリーほど消費されます

夏の発汗で消費されるカロリー

冬に体温維持で消費されるカロリー

おおよそ同程度になります

エアコンの使いすぎは肥満の元
かもしれません
【関連する記事】
posted by Chiro at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 生理学ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421438635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク