2015年06月27日

腰方形筋のトリガーポイント

<腰方形筋のトリガーポイント>

腰痛や背部痛の原因の一つに
腰方形筋(ようほうけいきん)
という筋肉の凝りがあります

腸腰筋(腸骨筋と大腰筋)は
結構有名ですが、腰方形筋は
マイナーだと思います

腸腰筋と同じく腹部にあるのですが、
腰方形筋はさらにその奥にあります
(ちなみに腸腰筋は”骨盤筋”で
腰方形筋は”後腹筋”の分類です)


■腰方形筋(ようほうけいきん)
【付着部:起始】
前部:第2〜5腰椎の肋骨突起
後部:腸骨稜、腸腰靭帯

【付着部:停止】
前部:第12肋骨の下縁
後部:第1〜4腰椎の肋骨突起

【筋の機能】
両側:第12肋骨を引き下げる
一側:腰椎をその側に曲げる



作用を考えると”脚長差”がある場合は
影響を受けてきます
P0798.jpeg
短い側の腰方形筋は緊張しやすい筈


付着部が”腰椎”ですので、
腹部の筋に分類されていますが
背中側から触ることができます

ちょうど第12肋骨の下辺りに
頑固な凝り(トリガーポイント)の
生じることがあり、脚長差の影響で
股関節にも違和感が出てきます

腰方形筋がトリガーポイント化すると、
漠然とした腰の違和感や動作時の
不快感があります
(何だか腰痛になって寝込んで
しまいそうな感じ)
咳やくしゃみをすることも
怖くなります

片足に体重が乗るような生活習慣
がある場合は要注意です
・重たいカバン
・立ち仕事
・育児
・スポーツ

posted by Chiro at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。