2015年06月01日

下腿のトリガーポイント(1)

【下腿のトリガーポイントについて】

下腿(かたい)というのは膝から下、
つまり”ふくらはぎ”と”スネ”です

長時間立ちっぱなしだったり、
趣味での登山やハイヒールなど
で下腿の筋肉には疲労が蓄積し、
凝り固まって痛みを生じます
(⇒トリガーポイント)

ふくらはぎを揉んでセルフケア
することは誰しもあるかと思います
が、スネの方に関してはあまり
無いと思います

スネ
下腿前面のトリガーポイント


1.前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

⇒つま先を持ち上げる働きをする、
スネにある代表的な筋肉です
ここがトリガーポイント化すると
つま先が上がりにくいので、
痛みの他に転びやすかったり
してきます


2.長趾伸筋、長母趾伸筋

⇒指先を床から浮かせる働きを
持つ筋肉で、スネの部分に”ツボ”
(筋肉が強く収縮して凝る部分)
があります

ヘルニアになると『足が動かない』
『足がシビレる』という症状が
あるのですが、これらの筋肉が
トリガーポイント化しても似た
症状が出てきます


スネの筋肉が過労状態になる
原因としては…
・走った
・長時間歩いた
・階段を頻繁に上る
・長時間の運転(アクセル/ブレーキ操作)
・つま先の重たい靴(例/安全靴)

などが挙げられます

【出現してくる症状】
・下腿前面のシビレ感
・こむら返り
・足の親指痛
・つまずき易い
・運動時の痛み
など

posted by Chiro at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419951373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク