2015年05月09日

手足のトリガーポイント

■手のトリガーポイント

手の使いすぎから筋肉が
凝り固まり、痛みを出す
ことがあります

とくに多いのは母指屈筋
(ぼしくっきん)という
『親指の根元』の筋肉です
DSC_20150509.JPG

母指屈筋は『物を握る』
動作全般で使われる筋肉
なので、トリガーポイント化
すると痛みで握れなくなります

筋肉の凝りが慢性化すると
関節にダメージが及ぶ可能性
が出て、『母指CM関節症』
といった関節痛を招く
可能性もあるでしょう

母指屈筋のトリガーポイントを
除去するのは簡単で、親指の
根元(=母指球)を反対手の
親指で押して凝りを潰します

トリガーポイントがあると
かなり痛かったりもみ返したり
しますが、数週間後には大分
調子が良くなっている筈です


■足のトリガーポイント
トリガーポイントを起こす
足の筋肉は主に『足裏』です
症状としては『足底筋(腱)膜炎』
があるかもしれません

・母趾外転筋(ぼしがいてんきん)
・短母趾屈筋(たんぼしくっきん)
・短趾屈筋(たんしくっきん)

主にトリガーポイントを起こす
筋肉は上記の3つです
20150509.JPG
(2箇所にトリガーポイントが出来る)

足底腱膜に付着しているため、
これらの筋の過労から
『足底筋(腱)膜炎』
を招く可能性があります

歩行の際は母趾屈筋(親指)に
体重が乗りますので、
最も疲労しやすい部分です
靴底の減りを見ると親指の
位置が減っているのが正常です

しかしハイヒールでは母趾屈筋が
使われにくい足の状態になるので、
短趾屈筋をよく使う歩行になります

短趾屈筋は足の中指〜小指を
曲げて足のアーチを作る
働きをしますので、
トリガーポイント化すると
『偏平足』や『外反母趾』
を招いてきます

また、足で地面を蹴る力が
弱くなると、膝や股関節を余計に
持ち上げて歩くようになり、
そちらにも痛みが出やすくなります

靴底を見ると『外側の減り』が
目立つ場合は脚長差もあります
P0798.jpeg
短い側の足に体重が多く乗っている
状態なので、小指側が減ってきます
posted by Chiro at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418671685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。