2015年04月28日

肘のトリガーポイント

【肘のトリガーポイントについて】

外傷を除いて肘が痛い場合、
肘の関節に問題がある以前に
『前腕と上腕の筋肉』の
トリガーポイント(酷い凝り)
を疑います

肘を曲げ伸ばししているのは
主に上腕の筋肉です
前腕の筋肉群は手首の曲げ伸ばし
に関わるのですが、ほとんどが
肘に付着しています
(肘:上腕骨の末端部)

20150428.JPG

まず前腕の筋肉から
〇の部分は筋肉の運動点
(最も縮む部位)です

〇左:橈側手根屈筋
〇中:指屈筋
〇右:尺側手根屈筋

ここに圧痛があると、物を握った
時に”ビリッ”と電気が走ったような
痛みを感じたり、物を持った時に
肘関節の前面に痛みを感じます
小指に違和感を感じる場合もあります


2015428.JPG

今度は前腕の裏側です
〇小(上):短橈側手根伸筋
〇小(下):長橈側手根伸筋
〇大:腕橈骨筋

この筋肉は手首を反らしたり、
手の甲が自身で見える角度で
肘を曲げたときに働きます

そのためトリガーポイント化すると、
フライパンを振ったりパソコン操作で
手首(甲)に違和感や痛みを感じたり、
重たいカバンを持った時などは
肘に痛みを感じたりします
スポーツでは打球の際に手首
が負けてしまうかもしれません


続いて上腕の筋肉

20150429.JPG

ちょって見えにくいですが
肘の後面付近に〇があります

上腕三頭筋(二の腕)は
トリガーポイント化しやすく、
出っ張っている肘の骨の付近に
”キーン”と痛みを出します

上腕三頭筋は肘を前に曲げた状態
から後ろに伸ばす筋肉です
日常生活では掃除機(雑巾掛け)
や買い物カート運搬・犬の散歩など
で負担を受けます


上腕二頭筋(力こぶ)は日常的に
重い物を持つ機会があると
トリガーポイント化します

上腕二頭筋の場合、肘ではなく
『肩の前面』に痛みを引き起こします
(筋肉が肩の骨に付着していて、
肘の部分では比較的頑丈なため)

posted by Chiro at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418056199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。