2015年04月09日

トリガーポイントについて

トリガーポイントというのは
筋の硬結のこと(凝り)です

代表的なものでいえば
「肩こり」があります

筋肉というのは伸び縮み
して関節を動かしています

そのため筋肉が縮みっぱなし
になると痛み(関節痛)の
原因になります

なぜ筋肉が縮みっぱなしに
なるのかというと、
使いすぎなどで筋小胞体という
部分の代謝が困難になるからです

【メカニズム】
ストレスを受ける
・重い物を運ぶ
・同じ姿勢を長時間とる

疲れる(少し凝る)
⇒休めば回復する

さらにストレスが加わる

凝りが大きくなる
関節痛や運動痛の出現
(潜在性トリガーポイント)
・肩こり
・軽い腰痛
・肘や膝の運動痛
・足首痛
⇒休めばある程度回復する

※ここまでの流れを何度も
繰り返していると凝りが
毛細血管を圧迫するように
なり、栄養不足に陥る
⇒筋肉が弱ってしまう
(トレーニングが必要)

弱った筋肉にストレスを受ける

すぐ限界にきてしまう
(活動性トリガーポイント)
・首の硬直と上肢痛
・酷い肩こりと頭痛
・ギックリ腰と下肢痛
など以前より重症化

トリガーポイントは薬剤や注射
ではなく手技で除去できます
P084202008228.jpg
posted by Chiro at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | トリガーポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。