2015年04月08日

(6)肘の痛み

『肘の痛みについて』

【肘の痛みの種類】
・テニス肘(外側上顆炎)
・野球肘(内側上顆炎)
・関節ねずみ
・変形性肘関節症
・トリガーポイント


【テニス肘】
痛む部位は”肘の外側”です
肘の外側を覆う前腕伸筋群の
使いすぎで生じると考えられます

手の甲を天井に向けた状態で
肘を曲げて、力を込めると
違和感や痛みが出ます
(外側上顆炎=肘外側の炎症)

また、力を抜いた状態で
肘を外側⇒内側に押して
痛みが出る場合は外側側副靭帯に
不安定があることを示します


【野球肘/ゴルフ肘】
テニス肘とは反対で
肘の”内側”に痛みが生じます
(前腕屈筋群の使いすぎによる
内側上顆炎=肘内側の炎症)

完全に脱力した状態で肘を
内側⇒外側に押して痛みが
生じる場合は内側側副靭帯の
不安定性を示します

手術:トミージョン手術
(側副靭帯再建術)


【関節ねずみ(関節内遊離体)】
軟骨部分が折れたり剥がれたり
して痛みを引き起こすとされています

変形性肘関節症(骨の老化現象)も
原因の1つです

軟骨のみが遊離している場合は
レントゲンに写りません

骨片が大きい場合は固定手術
する場合もあるようです


【トリガーポイント】
筋硬結(要するに凝り)が
出来てしまい、関節痛に
なっている状態です

■発生の仕方
腕の使いすぎ⇒腕の筋肉が凝る
⇒さらに酷使する⇒さらに凝る
⇒関節痛に⇒ようやく休む⇒
凝りによる栄養不足で筋萎縮化
⇒肘の痛みの慢性化や再発

トリガーポイントが進行すると
何もしていなくても違和感や痛み
が出てきます

肘の痛みの場合、
肘の周辺だけでも10個ほどの
筋肉を調べる必要があります

P084202008228.jpg

トリガーポイントを押すと痛い
ですが、徐々に筋肉が緩んで
関節痛が軽くなります
(血行が良くなり回復へ)
posted by Chiro at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。