2015年03月29日

(4)足首の痛み(こむら返り/静脈瘤)

足首の痛みと
こむら返りについて


『足首の痛み』
よく”捻挫”とされるものに、
ふくらはぎ外側の筋肉
(腓骨筋)の過労があります

足首の関節は内に大きく
曲がるように出来ています
(内反:内返し)

そのため、足首が急に内に入る
と関節を支えている筋肉や靭帯
に負担が掛かります

一般的に捻挫というのは靭帯を
傷めた状態(全治数週〜)
をいいますので、筋肉性の場合は
1日で回復することもあります

とくに慣れない靴で立ち仕事や
駅の階段を昇り降りするなど
していると、腓骨筋がガチガチに
固まってしまうことがあります
足首痛



『こむら返り』
運動中に”足がつった”という
のもコレです
睡眠中に生じたりもします

自身では経験ないのですが、
腹筋ならよくつります
ものすごい激痛ですが、
収まると何ともないので
不思議な感じです

<原因>
特定の原因はありません
運動神経が興奮している状態で、
筋肉がカチカチになります
・急な運動
・冷たい水につかった
・水分不足
などで誘発されます

頻繁にこむら返りの生じる場合は
静脈瘤や高血圧(薬の副作用)など
が引き金になっている場合があります

※静脈瘤
静脈は血液を心臓へ戻す血管です

逆流を防いでいる静脈の弁
が機能せず、血液が滞った状態
治療:ストッキング,注射,手術


睡眠中に生じる場合はこれらの
誘引に加え、”布団の重み”など
も考えられます

ちなみに血圧は体勢によって
変化します

寝ているときは最高血圧
(心臓が血液を送り出す圧)
は低いのですが、末梢部分
(手足)の血圧は高くなります

血圧が高いということは、
血液を送るのに苦労している
ということになります

【静脈瘤を予防するには】
・日頃からふくらはぎの
筋肉をやわらかくしておく
(ストレッチや温浴など)
・疲れにくい靴を選ぶ
・適度な運動で筋力維持

静脈瘤は女性に多く、
女性特有のホルモンの影響も
あると考えられています

00652015318.JPG
posted by Chiro at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。