2015年03月26日

(3)膝の痛み/変形性膝関節症

膝の痛みについて

膝が痛いときの多くは
膝関節が痛いわけではなく、
『大腿の筋肉』に原因があります

解剖学
・大腿四頭筋
(だいたいしとうきん)
代表的な大腿の筋肉です
膝を曲げた状態から伸ばす働きが主
痛み:膝のお皿の直下(スネ)

・縫工筋
(ほうこうきん)
ソ径部から膝の内側に付着していて、
脚を高く上げる働きがあります
痛み:膝の内側

・大腿筋膜張筋
(だいたいきんまくちょうきん)
脚を踏ん張るときに強く働きます
立ちあがる時などがそうです
この筋肉は途中から腸脛靭帯
(ちょうけいじんたい)に移行
していて、膝の外側を補強しています
痛み:膝の外側
この筋肉の機能が低下すると
O脚傾向になってきます


以上の3つの筋肉が主な
膝の痛みを引き起こす筋肉です

膝が痛いときというのはこれらの
筋肉が硬直していますので、
それを手技で緩めるとラクになります

加えて生活習慣の見直しも図ります
例えば家で階段を往復する機会が多い場合、
往復回数を減らせるよう工夫するなど

筋肉の硬直を放置した場合、
休んでいれば大分良くなりますが、
100%は良くならないと思います

何故かというと大腿の筋肉は
日常生活でストレッチされにくく、
緩みにくいからです
⇒いつまでも治らない

加えて筋肉が”凝った状態”を
長期間放置すると、今度は筋肉が
細くなって弱くなります
(血行不良で栄養不足になるため)
⇒トレーニングが必要に


変形性膝関節症
膝の痛みに加えて、膝の軟骨が
擦り減った状態です
レントゲンを撮るとトゲのような
変形が確認されます(骨棘:こつきょく)
トゲは50歳代以降の方であれば
通常確認されてくるようです

【関節(運動)痛の進行順序】
筋肉の問題
(疲れ、凝り、肉離れ)

靭帯の問題
(靭帯損傷)

軟骨の問題
(半月板損傷)
posted by Chiro at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416275225
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。