2015年03月15日

第6回 ストレートネック

第6回 ストレートネック

■ストレートネックとは

首の骨のことを頚椎
(けいつい)といいます

P08624.jpg

頚椎は全部で7本あります
(画像:1番上が頭蓋で、その下の7本です)

とくに1番下の骨は隆起していて、
隆椎(りゅうつい)ともいいます

頚椎をよく見ると、前方凸に
カーブしているのが分かります

通常、頚椎は前方凸に曲がっています
これを生理的前彎(ぜんわん)といいます

ストレートネックというのはこの
生理的前彎が無くなってしまった
状態のことです

原因は主に首の筋肉の硬直です

首の筋肉は前側よりも後ろ側に
多く付着しているので、生活習慣で
硬直すると、頚椎を後ろ側に引き寄せます
(⇒ストレートネック)


■首の前側の筋肉:働き

・胸鎖乳突筋:頭の前屈と左右回旋
・斜角筋群:首を横に曲げる、呼吸補助


■首の後ろ側の筋肉:働き

・僧帽筋:首を横,後ろに曲げる
・肩甲挙筋:肩と腕を高く挙げる
・頭(頚)板状筋:首を後ろに反らす
・後頭下筋群:首を後ろ側に動かす


【悪い姿勢】
・電車の中で居眠り
・スマートフォンをいじっている時

⇒5キロほどある頭の重さを首の筋肉で
ずっと支えています(筋肉が硬直)

他にも精神的ストレスや腕の使いすぎ、
冷えによる筋肉の硬直があります
posted by Chiro at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ユガミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415649996
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。