2015年03月07日

第5回 O脚

第5回

O脚について

■分類
変形性膝関節症
(ヒザの関節の老化・変形)
の有無

■原因
・股関節の外旋
・下腿の内転


解説

O脚(内反膝)というのは
偽性と真性の2つに分類できます

偽性:姿勢由来のものです
真性:ひざの関節の『変形』あり

真性の場合、ひざのレントゲン写真
を撮ると老化して擦り減った部分
(骨棘:こつきょく)が写ります

ひざの痛みも日常的にあるかと思います

このような場合は変形性膝関節症
(へんけいせいしつかんせつしょう)
といって、進行すると人工関節に
なる場合もあります

主に50歳以降の方が当てはまります



偽性の場合、ひざの痛みは無いことも
多々あります

主に40歳代までの方が当てはまります

厳しい作業や運動をしていない限り、
年齢的に骨棘はまだ出てきません



■股関節の外旋
第1回で足の長さの左右差
について書きましたが、
この状態というのは
股関節が外旋してきます

骨盤が後傾する
(片足が短くなる)

骨盤筋(大殿筋)は
・緊張状態→股関節外旋
もしくは
・機能低下→股関節内旋(I脚化)


股関節が外旋するというのは
『左右のつま先の間が開く』
ということです
つま先が外に開けば、自然と
ひざも開いてしまいます


■下腿の内転
下腿というのはスネ、
ふくらはぎのことです

ここが内に入ると(内転)
両ひざ間は開きます

原因としては『大腿の筋力低下』
が挙げられます

日常生活で凝っている
もしくは
運動不足による機能低下です

具体的には縫工筋(ほうこうきん)
や大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)を調べます
posted by Chiro at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ユガミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415201592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。